« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

016:%(今泉洋子)記号間違いで再投稿

消費税五%になりてより職安前の渋滞つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

033:すいか(今泉洋子)

ミネラルが多く捨つるのは惜しいのですいかの皮で漬け物作る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

032:ルージュ(今泉洋子)

青春の最中にもどり若やぎぬ「ルージュの伝言」幾度も聴きて

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

031:忍(今泉洋子)

忍び逢ふ夜の公園霧満ちて質量をふたり失つてゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

030:湯気(今泉洋子)

湯気のぼる風炉に一杓みず注(さ)せば小間の茶室にしづもる刹那

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

029:杖(今泉洋子)

外出を許可されしとふ病みあがりの友花柄の杖で華やぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

028:供(今泉洋子)

予想外の記事に一面占められて雨に濡れゐる交差点の供花

| | コメント (0) | トラックバック (0)

027:消毒(今泉洋子)

看護婦の友の作りし白和へは消毒の匂ひはつか漂ふ

    

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

026:基(今泉洋子)

大楠に行基の彫りしみほとけは千年を経て目鼻風化す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

025:あられ(今泉洋子)

雛の日に買ひ忘れたるひなあられ四日の朝に半額で買ふ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

024:岸(今泉洋子)

癌病める友を見舞ひて帰る道彼岸花の朱に雨ふりそそぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

023:用紙(今泉洋子)

耳遠き伯母と筆談するために広告の裏でメモ用紙つくる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

022:低(今泉洋子)

往還に枝撒き散らし鵲の巣は去年(こぞ)よりも低く仕上がる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

021:サッカー(今泉洋子)

あらあらと齢(よはひ)重ねて蔵(しま)ひゐしサッカー生地を土用干しする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

020:鳩(今泉洋子)

裏切りはわがアクセサリー鳩尾(みづおち)が痛むくらいの嘘をつきたり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »