« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年10月31日 (金)

完走報告(今泉洋子)

完走致しました。五十嵐様、みなさま有り難うございました。

33番の「すいか」から、トラックバックができなくなり、ぎりぎりに別にブログを作り投稿しました。みなさま応援有り難うございました。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

100:おやすみ(今泉洋子)

おやすみと素直に言へない秋の夜は燃ゆるこころを抱きて眠る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

099:勇(今泉洋子)

わたくしをさらけ出す勇気なきゆゑに君との距離は平行のまま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月28日 (火)

098:地下(今泉洋子)

四十代の残りし日々に履きたくて地下街に赤き靴を購ふ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

097:訴(今泉洋子)

主婦業の愚痴を訴ふることはせず黙つて着物を買ふ事にする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

096:複(今泉洋子)

あの頃へ時間(とき)巻き戻し複眼であなたの中の金秋をゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

095:しっぽ(今泉洋子)

草山に見え隠れする白と黒猫のしつぽは何か愉しげ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

094:沈黙(今泉洋子)

沈黙といへども霊の宿る臓器パーツのごとく扱ふ現世(うつしよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

093:周(今泉洋子)

円周率変はりて六年生活(たつき)には支障はなくまた秋が来て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月26日 (日)

092:生い立ち(今泉洋子)

生ひ立ちを語り初む時少年のひとみに秋の海がひろがる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

091:渇(今泉洋子)

わがこころ渇きに渇き秋深し東へ東へ鰯雲ゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月25日 (土)

090:メダル(今泉洋子)

結婚の運は大吉と占はれ金メダルにも見ゆけふの月

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月24日 (金)

089:減(今泉洋子)

減り加減加速してゆく石鹸と重ねて思ふ後半生を

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月23日 (木)

088:錯(今泉洋子)

君のことわかつたやうに錯覚すふたりの時間の熟れてゆく午後

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月22日 (水)

087:天使(今泉洋子)

今朝咲いた「天使のラッパ」うす黄にうつむいたまま風に揺れゐる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

086:恵(今泉洋子)

「あかあか」と明恵の歌を口遊み月の綺麗な熊野古道ゆく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

085:うがい(今泉洋子)

喉病めば薬使はず日本酒でうがいしてぐーとそを呑み込みぬ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

084:球(今泉洋子)

ガガーリンの目に映りたるこの地球如何なる青か紫陽花を活く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

083:名古屋(今泉洋子)

憂き人のこと考ふる白秋に枳殻(からたち)柄の名古屋帯締む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

082:研(今泉洋子)

米を研ぐ水ひいやりと秋刀魚焼く匂ひたちこめ厨秋めく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

081:嵐(今泉洋子)

笑ひ声泣き声奔る嵐電の妖怪電車に運ばれていく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

080:Lサイズ(今泉洋子)

このバストLLサイズEカップのワイヤーブラで持ち上げてゐる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

079:児(今泉洋子)

わが姓と同じ地名が鹿児島にあると知るドラマ「篤姫」を見て

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月15日 (水)

078:合図(今泉洋子)

秋されば合図するやう咲き始む袖振り合ひてうけらの花は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

077:横(今泉洋子)

わが気持ち気づかれぬやう君の横通り過ぐる時足早になる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

076:ジャンプ(今泉洋子)

ジャンプする蛙踏まぬやうデコボコの田舎往還ジグザグに行く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

075:量(今泉洋子)

ジョンレノン音量(ボリーュム)あげて聴く秋は心の窓も全開にする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 9日 (木)

074:銀行(今泉洋子)

通帳は家計簿がはり銀行の隅で明細を鉛筆書きす

| | コメント (0) | トラックバック (0)

073:寄(今泉洋子)

身を寄せて箱に眠れる野良猫に落ち葉舞ひ散る秋は来にけり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

072:緑(今泉洋子)

緑さす憲法記念日国旗など掲ぐる家を一軒も見ず

| | コメント (0) | トラックバック (0)

071:メール(今泉洋子)

待宵に君から届く歌メール言葉は淡き愛撫に似たり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

070:籍(今泉洋子)

積み上ぐる書籍のやまに秋日射しわたしの中の乾坤ゆらぐ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

069:呼吸(今泉洋子)

無花果の樹液溶け出すゆふやみにしづかに聴かん神の呼吸を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

068:踊(今泉洋子)

素魚(しろうを)の踊り喰ひなるを初に食みあつと言ふ間に胃に届きたり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

067:葱(今泉洋子)

大家族で収穫したる頃思ひ新玉葱をサリサリと食む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

066:ひとりごと(今泉洋子)

青空に柘榴の笑ふこんな日はひとりごとさへ秋に吸はれる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

065:眩(今泉洋子)

百合の木を振り放け見れば花過ぎて若葉のひかり眩きばかり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

064:可憐(今泉洋子)

大風が吹きても折れぬ強さもつ水引草の可憐なピンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

063:スリッパ(今泉洋子)

スリッパのすり減りぐあひわれに似る子が摺り足に近づいて来る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

062:浅(今泉洋子)

垂り尾の長々し夜はなすこともなく湯浅半月今宵ひもとく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

061:@(今泉洋子)

パソコンが苦手なゆゑに呪文のやうにも聞ゆ@(アットマーク)は

| | コメント (0) | トラックバック (0)

060:郎(今泉洋子)

一太郎に海馬まるごと保存せり射干玉(ぬばたま)の夜のはやき降(くた)ちを

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 1日 (水)

059:ごはん(今泉洋子)

ぶくぶくと不平不満を呟きてうまきごはん炊くわが炊飯器

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2009年1月 »